授業をつくる


授業をつくる③(特別支援教育)

〇全道研に向けての模擬授業

   9月14日(金)の放課後のミニ研で、21日に開催される、道情緒研、道特連研究大会に向けて、模擬授業を行いました。東小は、4年生の算数と5・6年生の生活単元学習の授業を準備しています。この日は、二つの授業を教職員が子ども役になって、模擬授業(導入とまとめ)をおこない、実際の授業に向けての課題や進め方等を話し合いました。短い時間の中で実施しましたが、全教職員が二つに分かれ参加して、特別支援学級の授業について学び合う機会にもなりました。


授業をつくる②(英語の研究授業)

〇6年生の英語(T・T)で学び合い

 7月11日、今年2回目の校内研究授業を行いました。6年生の英語で、巡回指導の先生とTTを組んでの授業でした。6年部会と校内の英語部会と合同で授業プランを作りました。授業後の話し合いでは、導入段階で、ゴールが見通せた課題提示や展開の中でのコミュニケーションを楽しむ活動など、課題も含めて、学びのイメージをみんなで話し合うことができました。


授業をつくる!(校内での授業研究)

〇 「授業参観週間」がスタートしました!

 運動会も終わり、1学期もあと1ヶ月。この時期に、相互に「普段の授業」を参観して、「授業づくりを学び合い、子どもたちの様子も交流し、激励し合う」ことを大切に取り組みます。授業交流専用の時間割を研究部が用意しています。